NEWS

血の祝宴、開幕!映画祭ポスタービジュアル完成! &『VAMP』予告編も完成

血の祝宴、開幕!映画祭ポスタービジュアル完成! &『VAMP』予告編も完成

【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「ホラー秘宝まつり」の開催がスタート、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として応援していただき、毎年動員が増え続けております。 そして、今年で6年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!2019年夏、6回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり2019』が開催いたします。 今年は、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)、3都市で同時開催!
いよいよ「夏のホラー秘宝まつり 2019」”血の祝宴”開催まで2ヶ月!今回はポスタービジュアルが解禁!そしてオープニング作品『VAMP』の予告編も完成致しました!

「夏のホラー秘宝まつり 2019」
衝撃のポスタービジュアル解禁!!
映画祭ポスタービジュアル 本映画祭の新作邦画6作、旧作洋画2作の全8作のラインナップがついに確定!年々過激度を増す“ホラー映画の宝箱”のようなポスタービジュアルが遂に完成しました!こちらのビジュアルを使用した映画祭チラシは、6月29日より各映画館にて配布スタートとなります!

オープニング作品『VAMP』の予告編も、ついに完成‼
本映画祭のオープニング作品は『VAMP』。監督は「平成ウルトラマンシリーズ」など様々な作品を手掛けた小中和哉。海外作品でも活躍する国際派女優・中丸シオンと『西の魔女が死んだ』(08)の高橋真悠が激しいラブシーンに体当たりで挑戦!エロティック&リリカルにして、恐怖が心に突き刺さる《耽美的ダークファンタジー》です!
この度完成した予告編では、中丸シオンと高橋真悠によるラブシーンも登場!その他、迫りくるヴァンパイアとの激しいバトルシーン等、見どころ満載の予告編に仕上っています!
VAMP予告編 https://youtu.be/thpVyfXmN_s

【死ぬまでにこれは観ろ!2019-キング洋画170連発!-】実施決定!

【死ぬまでにこれは観ろ!2019-キング洋画170連発!-】実施決定!

 この度、キングレコードでは、「死ぬまでにこれは観ろ!」企画の6年目の今年は、「死ぬまでにこれは観ろ!2019-キング洋画170連発!-」と銘打ち、9/4(水)に合計170タイトルのブルーレイとDVDをお値打ち価格で再発売することが決定しました。(BD\2,500+税/DVD\1,900+税 | 発売・販売元:キングレコード)
 「死ぬまでにこれは観ろ!」は、キングレコードが過去にリリースした膨大な作品群の中から「死ぬまでに絶対観るべき」とお薦めする超面白映画を厳選し、よりお求めやすい価格で、より多くの方に見ていただきたいという趣旨で2014年より実施している企画。大好評につき今年も実施となった。令和最初の今年も青春映画から恋愛映画、SF映画、ホラー映画、超絶カルト映画までとふり幅の広さを極めたラインナップがそろった。
 感動作部門では今やハリウッドを代表するレオナルド・ディカプリオのブレイク作品でもある青春映画の金字塔『ギルバート・グレイプ』、『ローマの休日』もてがけた名脚本家、ダルトン・トランボによる貧しい少年勇気と子牛との友情を描いた『黒い牡牛』、カルト作部門からはまさかのトマトが人間を襲うという驚愕のカルト作品『アタック・オブ・ザ・キラートマト』(もちろんジョージ・クルーニーの黒歴史として名高い『リターン・オブ・ザ・キラートマト』もラインナップ入りしている)、爆弾魔の暴走を描いた『マッド・ボンバー』、エロス部門からはマチルダ・メイ演じる宇宙人バンパイアの登場シーンがほぼ全裸という衝撃の妖艶さで世の男性たちが夢中になった『スペースバンパイア』、どこまでも激しく強く貪りあう禁断の愛を描いた『チャタレイ夫人の恋人』が加わった。
また、映画史になお刻む監督たちの作品という視点では、サム・ペキンパー監督自らが最高傑作と語った『ガルシアの首』、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ランブルフィッシュ』、ウォルター・ヒル監督の『ストリート・オブ・ファイヤー』、マイケル・チミノ監督のデビュー作『サンダーボルト』などが新たにラインナップ入りし、今年も見逃せない作品群となった。
さらに、昨年も好評だった対象商品を3枚購入すると、希望賞品がもれなく1枚もらえるキャンペーンも期間限定で実施予定。さらに魅力的かつ過酷にパワーアップしたラインナップにぜひ挑戦してほしい。
MAIN_mirokin2019

2019年度【ホラー秘宝ガール】松川千紘が脱ぐ!『シオリノインム』

2019年度【ホラー秘宝ガール】松川千紘が脱ぐ!『シオリノインム』

2019年度【ホラー秘宝ガール】が脱ぐ!
幽霊とセックス!!!松川千紘主演、衝撃のエロティック・ホラー



【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「夏のホラー秘宝まつり」の開催がスタート、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として応援していただき、毎年動員が増え続けております。そして、今年で6年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!2019年夏、6回目を迎える「夏のホラー秘宝まつり2019」が開催いたします。今年も、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)、3都市で同時開催!
この度、新作邦画ホラー3作を一挙解禁となります!
2019年度【ホラー秘宝ガール】の座を勝ち取った女優・松川千紘がホラー映画『シオリノインム』で初ヌード、初セックスシーンに挑戦!
昨年の「夏のホラー秘宝まつり2018」で上映され、話題となったドキュメンタリー映画『心霊ツアーズ』。本作は女性タレント4名が心霊スポット(ロケ地)に潜入し、隠されているポイントを集め、争うという体験型心霊ドキュメント!獲得ポイントに加え、「夏のホラー秘宝まつり2018」での観客投票がプラスされて優勝者を決定!2019年度【ホラー秘宝ガール】の座に輝いたのが、女優・松川千紘!そして、この度、新作ホラー映画『シオリノインム』で初ヌード、初セックスシーンに挑戦‼
★inmu-main 『シオリノインム』
★『心霊ツアーズ』優勝・2019年度【ホラー秘宝ガール】松川千紘主演のエロティック・ホラー!
彼氏と別れて傷心中の詩織は毎夜、謎の男に抱かれる夢を見ていた。戸惑いつつもその淫夢に陶酔し、日ごと妖艶になっていく詩織。しかし、ある日を境に夢の男は恐ろしい姿に変貌し、ついに現実にも現れるようになる…幽霊に女性が犯されるというショッキングな題材を描いたエロティック・ホラー。昨年度の「夏のホラー秘宝まつり」上映作品『心霊ツアーズ』の出演女性タレントオーディションの際、複数の女性タレントが自分の心霊体験として霊との性的体験があると語った事に発想を得て企画された作品!主演は昨年の『心霊ツアーズ』で見事優勝し、2019年度の【夏のホラー秘宝まつりイメージガール】になった松川千紘。初ヌード、初セックスシーンに挑戦し、その豊満なボディを大胆に晒して体当たりの演技を見せる。監督は本作のために人気シリーズ『怪談新耳袋Gメン』最新作の監督を降板してこの作品に臨んだ佐藤周!
●監督・脚本:佐藤周 ●出演:松川千紘、古谷連、辻凪子 ●製作:キングレコード株式会社
2019/日本/調整中 ©2019キングレコード


★松川千紘&佐藤周監督より、出演作『シオリノインム』へのコメント、意気込みを到着しました!
松川千紘 アー写 ▼松川千紘 コメント
主人公の詩織役を務めました、松川千紘です。
今回、初主演という素晴らしい機会をいただき大変光栄に存じます。演技経験がほとんどなかったため不安も大きかったのですが、支えてくださった佐藤周監督をはじめとするスタッフの皆さん、共演者の皆さんのおかげで撮影を無事に乗り切ることができました。
ヌードになることに関しては、撮影前はあまり意識していませんでしたが、撮影の直前になって突然実感が湧いてきてとても緊張したのを覚えています。しかし、思ったよりずっと自然にそのシーンの撮影に入ったので、逆に気負わずに演じることができました。現場の雰囲気に終始助けられていたなと思います。
作品の中で、詩織の身には思いもよらない出来事が沢山降りかかります。この作品に携われたことが私にとっては思いもよらない出来事でしたが、詩織の身に降りかかったのは比べ物にならないくらい衝撃的な出来事の数々でした。この作品が多くの方に届き、この作品との出逢いが、観ていただいた方一人ひとりにとっての思いもよらない衝撃的な出来事になれば嬉しいです。

▼佐藤周監督 コメント
「2分に1回、ホラーかエロ!」という、自ら掲げた頭の悪そうなコンセプトと大真面目に向き合って脚本を執筆し撮影に臨みました。すると撮影2日目にして「監督…あと何が残ってるんですか…」と業界のベテランスタッフたちが死んだ目で僕に問いかけてきたのです。撮影はあと4日残っていてクライマックスもまだ撮ってないのに…。この時ようやく自覚しました。「ヤバいもん作ってるんだな、俺」と。そんなハード過ぎる現場を最後まで先陣切って戦い抜いた猛者が、松川千紘です。とても新人とは思えない精神力と、思わず拍手したくなるその脱ぎっぷり。彼女のメンタルとフィジカル、両方の強さがあってこの作品は成立しています。もうカッコ良すぎて、僕の中で彼女は新人じゃなくて鉄人ですね。キャスト・スタッフ一同が全身全霊で作り上げた『シオリノインム』。令和最初の劇薬映画が爆誕しました。ぜひ劇場で、非日常の世界に酔いしれてください。

『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』
★映画『メイクルーム』の新作。ホラー映画の舞台裏を描く!
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」にてオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞した『メイクルーム』の第三弾!メイクの都筑、今日はホラー映画の現場。スタッフもおなじみのメンバーが揃った。今回もクセものぞろいの現場に、都築は振り回されっぱなし。華やかなアイドル業界。でもその舞台裏(メイクルーム)は、決して派手な世界ではない。果たして今回こそ、撮影は無事に終了するのだろうか……!?
主演は映画『ミスミソウ』(18)の先生役で怪演し好評を博した森田亜紀、残念なアイドルに2013年ミスFLASHでグランプリを受賞し、映画『新宿スワンⅡ』(17)『娼年』(18)などに出演、映画のみならず、舞台、グラビアなど幅広く活躍する階戸瑠李を配し、業界の裏側に鋭く抉りこんでゆく!監督は1,000本以上のAV作品や『2ちゃんの呪い』(11)『エクステ娘』(14)などのホラー映画も手掛けた森川圭!
<img src=”http:/\kingmovies.jp/wp-content/uploads/2019/06/5d5afbac314b1dda07625473b1d5e107.jpg” alt=”★zannen-main” width=”5472″ height=”3648″ class=”aligncenter size-full wp-image-16667″ />
●監督:森川 圭
●出演:森田亜紀、階戸瑠季、門前亜里、梅村結衣、円谷優希、白石彩妃、藤井奈々、倖田季梨、アイリ
●配給協力:キングレコード株式会社、山口幸彦●製作:株式会社STRAYDOG PROMOTIONN
2019/90分/©STRAYDOG PROMOTION


『星に願いを』
★徹底的にクソでリアルな登場人物の人生が交錯する群像劇!
嫌い…嫌い…嫌い…嫌い…。クソつまんない芸人。クソカウンセラー。あたしをヤったクソ教師。そいつにバカのなり方を教わって親の金で遊び呆けてるクソ学生。そんなバカにもなりきれずただ二酸化炭素を吐き出すだけの空気人間。そんなバカどもを踏ん反り返って上から見下すクソ野郎とその腰巾着。クソまみれのあたしの人生をさらにクソまみれにしたクソ野郎。
本作は、「夕張国際ファンタスティック映画祭2019」にて上映。クソ勢揃い!若き監督による強烈で過激なバイオレンス描写とカオスな映像表現が話題となった問題作!スプラッター/ホラー映画監督・佐々木勝己が描く圧倒的なクライマックスとエンディングに刮目せよ!
hoshi-main ●監督:佐々木勝己
●出演:兼田いぶき、正田貴美佳、尾関俊和、畠山勇樹ほか
2019/日本/118分 ©2019キングレコード

――――――――――――――――――
夏のホラー秘宝まつり、全国へ感染拡大!
東京・名古屋・大阪で同時開催決定!

東京@キネカ大森:8月23日(金)~9月5日(木)
名古屋@シネマスコーレ:8月24日(土)~
大阪@シアターセブン:8月24日(土)~

【第6回『夏のホラー秘宝まつり2019』】
公式サイト:http://horror-hiho.com/
公式twitter:https://twitter.com/horror_hiho
公式Facebook:https://www.facebook.com/horrorhiho/

大ヒット作!『恐怖の報酬【オリジナル完全版】 』発売決定

大ヒット作!『恐怖の報酬【オリジナル完全版】 』発売決定

昨年11月に初公開から40年を経てついに[オリジナル完全版]が日本初公開、旧作リバイバルとして異例の観客動員を記録したウィリアム・フリードキン監督のサスペンス超大作『恐怖の報酬』(77)がこの度国内初のディスク化となるブルーレイ&DVDで9月18日(水)に発売となることが決定致しました。
sub01 『恐怖の報酬』は、『フレンチ・コネクション』(71)でアカデミー5部門受賞、『エクソシスト』(73)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリードキンによる、手に汗握る緊張と興奮のサスペンス巨篇。仏映画の名作、H=G・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(53)のリメイクというフリードキンの大胆かつ入魂の企画に、ユニバーサルとパラマウントの2大メジャー・スタジオが破格の2000万ドル(現在の100億円相当)の巨費を共同出資、ロケは3大陸5ヶ国に及び、2年を超える製作期間を費やした超大作だ。人生の底から這い上がるため、300キロにわたる一触即発のニトログリセリン運搬に命を賭けた男たちの運命を冷酷非情なリアリズムで描き切った、フリードキン監督自身が今もって1コマも修正したいと思う箇所がないと認める最高傑作である。
本作は1977年6月に全米初公開となるも、空前の『スター・ウォーズ』ブームの直撃を受け興行的に惨敗。そのため日本をはじめ北米以外では、監督に無断で約30分カットされた92分の【短縮版】が配給され、正当な評価を受けることなく公開終了した。さらには2大メジャーの共同出資が原因で権利者不明状態に陥り、長きにわたって全世界的に上映不可、北米以外ではDVDも発売されなかった。しかし、そんな状況に業を煮やしたフリードキンは2011年、自らスタジオ2社を提訴し権利者を特定、2013年に121分【オリジナル完全版】のデジタルリマスターに着手、同年のヴェネツィア映画祭でプレミア上映され、以後、2014年LA、2015年パリ、2016年カンヌ映画祭、2017年ロンドンで上映され、欧米各地で再評価の嵐を巻き起こした。そして2018年、フリードキンがそのキャリア史上最も心血を注ぎ、コッポラの『地獄の黙示録』(79)と双璧を成す映画作家の狂気と執念が刻まれた渾身の一作『恐怖の報酬』は、【オリジナル完全版】として遂にその真の姿で日本に初上陸。メイン館のシネマート新宿では実に9週間という大ロングランを記録、結果全国50館超に拡がる旧作リバイバル上映としては驚異的な成績をおさめた。フリードキンは当初、日本においても単なる数回のリバイバル上映であれば再公開を望まない、再公開するならば<とてつもなく意義深いもの>でなければ興味はない、と語っていた。だがこの劇場大ヒット、そして何よりも往年のファンから初見の観客までが本作を観てくれたことに対して深く感動し、喜んでいる。ちなみにフリードキンは不本意なかたちで公開された【短縮版】については存在を認めておらず、観たこともない。そしてその【短縮版】を作った配給会社の担当者はその事実発覚と他の悪事もあり、その後牢屋に行ったという。
日本で本作は1990年にVHSが静かに発売されて以降、一度もパッケージ商品化されておらず、DVD化もされていない幻の作品であったが、この度劇場の大ヒット、フリードキン監督も大変気分を良くしたところで遂にブルーレイとDVDで国内初のディスク化となる。そのブルーレイの≪最終盤≫と銘打った2枚組の豪華版ではフリードキンと『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の対談など100分超の映像特典のほか、全88ページにおよぶ作品の資料を付属、その資料の中には日本での劇場大ヒット後に敢行されたフリードキン監督の最新インタビュー記事も掲載される。

【詳細】
最終盤Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-628_629
通常版Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-630
DVD:http://kingmovies.jp/library/kibf-1948

『ミディアン/死者の棲む街<最終盤> 』国内初Blu-ray発売決定!

『ミディアン/死者の棲む街<最終盤> 』国内初Blu-ray発売決定!

この度、7月10日発売『チャイルド・プレイ<最終盤>』、8月7日発売『死霊のはらわたⅢ/キャプテン・スーパーマーケット<最終盤>』に続く”ホラー秘宝×最終盤”第3弾として、クライヴ・バーカー監督による伝説の怪物ホラー『ミディアン/死者の棲む街<最終盤>』を9月4日に発売することになりました(通常版Blu-rayも同日発売)。
MAIN_00320678  1990年に公開された怪物ホラー『ミディアン/死者の棲む街』は、『ヘル・レイザー』シリーズで知られるホラー映画界の巨匠クライヴ・バーカーによる伝説の監督第2作。監督自身が手がけた小説「死都伝説」を原作に闇の一族(ナイトブリード)と人間達の抗争を描く。人類の繁栄の影でひっそりと暮らしていた異形の種族が、一人の猟奇殺人者の陰謀により、人間たちと戦わなければならなくなるという展開で、人間のほうがむしろ凶悪な存在として描かれている。 『ヴィデオドローム』『ザ・フライ』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』で知られるホラー映画界の巨匠デヴィッド・クローネンバーグが物語の重要なポイントである猟奇殺人者を演じている。また、『ヘル・レイザー』シリーズのキャラクター、ピン・ヘッドにも劣らない様々な造形の闇の種族が登場するのも見どころ。公開時に製作会社が編集してしまった102分バージョンの本編が評判の良くなかった本作だが、今回リリースされる<最終盤>には本編には未収録のシーンを追加した121分のディレクターズ・カット版とインタビュー集の収録されるほか、特製ブックレットの封入も決定。また共通特典としてクライブ・バーカー監督によるオーディオコメンタリーの収録が決定。ファンにはたまらない内容となっている。

【詳細】
最終盤Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-6312
通常版Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-633

ホラー秘宝まつり ジョージ・A・ロメロ&アベル・フェラーラ作品上映!

ホラー秘宝まつり ジョージ・A・ロメロ&アベル・フェラーラ作品上映!

【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「ホラー秘宝まつり」の開催がスタート、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として応援していただき、毎年動員が増え続けております。
 そして、今年で6年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!2019年夏、6回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり2019』が開催いたします。 今年も、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)、3都市で同時開催!
これまで新作の邦画ホラー映画『VAMP』『怪談新耳袋Gメン 孤島編』『BEYOND BLOOD』が発表!
そして、なんと今回は巨匠2人の若き日の名作が40年以上の時を超えリバイバル上映!巨大スクリーンで名作ホラーの恐怖を体験!このまたとないチャンスは絶対に逃せない!!

ホラー映画界の巨匠の名作がリバイバル上映決定!!

その作品は・・・ジョージ・A・ロメロ監督『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(73)とアベル・フェラーラ監督『ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人』(79)!!

『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』
ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督の
若き日の傑作!
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(68)や『ゾンビ』(78)など、ゾンビ映画の第一人者として知られるジョージ・A・ロメロ監督の劇場長編映画4作目であるパニック・ホラー。人間を発狂させる細菌兵器の事故による人々の混乱をセミ・ドキュメントタッチな設定と残酷描写を交えながらの狂人、軍人、生存者の手に汗握る三つ巴で描いた傑作。
舞台はアメリカの田舎。ある日、住人の男性が突然発狂して妻を殺し、家に放火する事件が発生。やがて町に防護服に身を包んだ兵士たちが現れ、伝染病の発生を理由に住人たちを強制的に連行し始めた。数人の住人たちと共に軍の封鎖線からの脱出を試みる主人公たちだが、実は町の付近に軍の輸送機が墜落。輸送機に搭載していた生物兵器が流出して飲料水の水源を汚染し、住人たちを発狂させていたのである…!

監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
出演:W・G・マクミラン、レイン・キャロル、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ
1973/アメリカ/104分 
Crazies_001
________________________________________

『ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人』
あの伝説的カルト映画が40年の時を経て復活!
『キング・オブ・ニューヨーク』(90)や『スネーク・アイズ』(93)などで知られるアベル・フェラーラ監督の劇場長編映画2作目であるスプラッターホラー。売れない画家としてうだつの上がらない日々を送っている主人公は、ホラー本に没頭していくうちに次第に現実と狂気の世界との区別がつかなくなっていき、夜な夜な電動ドリルを手に殺人を繰り返していく…狂気の殺人鬼となる主人公を監督自らが熱演。
ニューヨーク・マンハッタンに住む若き画家の主人公は、2人の女性と同居していた。絵が売れず借金で苦労していた彼はある日、溜まりに溜まったストレスを解消するためホームレスを電動ドリルで殺害する。人生をかけて描いた画は画商に酷評され、恋人にも逃げられた彼は電動ドリルを片手に更に狂気の世界へとのめり込んでいく…!

監督:アベル・フェラーラ 脚本:ニコラス・セント・ジョン
出演:アベル・フェラーラ、キャロリン・マーズ、リチャード・ホワース
1979/アメリカ/94分 

DRILLER_KILLER_main ________________________________________

★開催日も決定!
夏のホラー秘宝まつり、全国へ感染拡大!東京・名古屋・大阪で同時開催決定!
東京@キネカ大森:8月23日(金)~9月5日(木)
名古屋@シネマスコーレ:8月24日(土)~
大阪@シアターセブン:8月24日(土)~

★さらに、例年通りスペシャルな特典が満載!
①スタンプラリー実施、5本みたら1本無料。
②全作品をコンプしたらDVDプレゼント! 
③ホラー総選挙を実施、人気投票1位の作品を当てたらDVDプレゼント! 
④投票率の最も高いホラー映画を、映画祭最終日にシークレット上映 
⑤参加型イベントを多数開催!ゲストによるトークショー【ホラーしゃべれ場】など予定。

■映画祭タイトル「夏のホラー秘宝まつり2019」
■期間:2019年夏
■場所:キネカ大森 8月23日(金)~9月5日(木)
名古屋:シネマスコーレ 8月24日(土)~
大阪:シアターセブン 8月24日(土)~
■料金:新作1500円、旧作1100円
■公式サイト http://horror-hiho.com
■ツイッター @horror_hiho
■提供:キングレコード
配給・宣伝:ブラウニー

血と銃弾の青春挽歌。『ヤングガン2』初Blu-ray化!!

血と銃弾の青春挽歌。『ヤングガン2』初Blu-ray化!!

この度、1988年に公開され大ヒットを記録した『ヤングガン』の続編で、西部開拓史上最も名高いアウトロー、ビリー・ザ・キッドの死を通説とは違う形で描いた『ヤングガン2』のBlu-rayとDVDを2019年8月7日に発売することとなりました(レンタル同日開始)。
MAIN_YoungGunsII11+  前作『ヤングガン』は、若き日のビリー・ザ・キッドとその仲間たちを一躍有名にした“リンカーン郡の戦い”を忠実に映画化し、エミリオ・エステべス、キーファー・サザーランド、チャーリー・シーンなど“ブラット・パック”と呼ばれた当時大人気の若手スターたちが結集した超豪華なキャスティングで、大ヒットを果たした傑作。
 2年後の1990年に公開された『ヤングガン2』では、生き残った伝説のガンマン、ビリー・ザ・キッドと、彼の率いる“警備団”がいまやアウトローとして追われる身となり、非情な牧場主に追われ、悪徳政治家にだまされながらも安息の地メキシコを目指す姿を描く。エミリオ・エステベス、キーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップスら前作のメイン・キャストに加え、新たな仲間デイヴをクリスチャン・スレーター(『トゥルー・ロマンス』)が演じるほか、ビリーの元仲間で宿敵となるパット・ギャレットにウィリアム・ピーターセン( 『L.A.大捜査線/狼たちの街』)、非情な牧場主に『荒野の七人』などの名優ジェームズ・コバーンが扮し、大荒野を舞台に展開される大追撃戦が見どころ。ちなみに、若き日のヴィゴ・モーテンセンもビリーを追う一味として出演している。本作にエキストラ出演もしたロック界のスーパースター、ジョン・ボン・ジョヴィが若者たちの魂の叫びをこめた“ブレイズ・オブ・グローリー”“ビリー・ゲット・ユア・ガンズ”の楽曲2曲を提供し、“ブレイズ・オブ・グローリー”は全米ビルボードチャート1位を獲得する大ヒットとなり、ゴールデン・グローブ賞でベスト・オリジナル・ソング賞も受賞した。
 また今回の発売にあたり、山寺宏一が主人公のビリー・ザ・キッド(エミリオ・エステべス)の吹替えを担当したVHS版の日本語吹替音声が収録されることが決定した。そのほかの吹替えキャストは田中秀幸(ドク/演:キーファー・サザーランド)、大塚芳忠(チャベス/演:ルー・ダイアモンド・フィリップス)、堀内賢雄(デイヴ/演:クリスチャン・スレーター)、小林清志(チザム/演:ジェームズ・コバーン)など。

【作品詳細】
Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-625
DVD: http://kingmovies.jp/library/kibf-1645

祝ラグビーW杯日本開催!『スクール・ウォーズ』DVD BOX 発売!!

祝ラグビーW杯日本開催!『スクール・ウォーズ』DVD BOX 発売!!

ラグビーワールドカップ(RWC)日本開催という歴史的記念イヤーである今年、今なお語り継がれる伝説のTVドラマ「スクール・ウォーズ」初のDVD BOXが9/4(水)に発売されることが決定いたしました!!(発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア/販売元:キングレコード)。
全8枚組・フィルムからHDテレシネしたリマスター版での初DVDリリースになります。9月4日に再発売となる「スクール・ウォーズBlu-ray BOX<通常版>」とともに“祝・ラグビーワールドカップ日本開催!頑張れラグビー日本代表!!”という応援メッセージも込めて9/4に発売いたします。
また、初回限定特典として①DVD BOXキーアート②ライジング・サン③悔しくないのか!! 名場面のポストカードの封入も決定いたしました。RWCでの日本代表の雄姿を観て熱くなるもよし。「スクール・ウォーズ」の友情ドラマに熱くなるもよし。
“この秋、日本はラグビーでひとつになる!!” 

メイン
■「スクール・ウォーズ」(SW) とは・・
かつて全日本の名フランカーとして鳴らした山口良治氏が、京都伏見工業高校ラグビー部を率いて全国大会優勝を果たすまでを綴った「落ちこぼれ軍団の奇跡」(馬場信浩著)を題材にした、実話に基づいたドラマ。大映テレビが制作し、1984年(昭和59年)10月6日~1985年(昭和60年)4月6日、TBS系列にて毎週土曜日(21:00~21:54)に放映。ラグビー元全日本メンバーの滝沢賢治が、校内暴力で荒れる川浜高校に教師として着任し、“信は力なり”をモットーに、幾多の困難に立ち向かいながら学園を荒廃から救い、全く無名の弱体チームであった川浜高校ラグビー部を僅か数年で全国大会優勝に導くという偉業を成し遂げるまでの奇跡の物語である。校内暴力・学園荒廃が社会問題化していた時代を背景に、このドラマを見てラグビーを始めた若者も多く、当時ラグビー人口が急増したのは有名な話である。

●SW主人公・滝沢賢治役 山下真司さんからのコメント!!
「スクール・ウォーズ」 は“友情”“信頼”“絆”がテーマです。 このドラマにはそんな”真の男”の生き様が 熱く熱く描かれています。 あの感動をもう一度体験してみて下さい。 “信は力なり”    
―山下真司(滝沢賢治役)

■ドラマのみどころ
主人公の熱血教師・滝沢賢治(山下真司)をはじめ、滝沢を献身的に支える妻・節子(岡田奈々)、少年院帰りの番長・水原亮(小沢仁志)、川浜一のワルと恐れられていた大木大助(松村雄基)、志半ばで病魔に倒れるイソップこと奥寺浩(高野浩和)、負け組から一念奮起しラグビーに心血を注ぐ森田光男(宮田恭男)、光男との愛を貫く富田圭子(伊藤かずえ)、中華料理店「新楽」の店主・下田大三郎(梅宮辰夫)とその妻・夕子(和田アキ子)、ラグビー部マネージャー山崎加代(岩崎良美)他、誰もが皆異なる事情を抱えながらも懸命に生きているという登場人物の底知れぬ魅力。そして、109対0という大敗後の控え室での歴史的名シーンを代表に、語り継がれる数々の名言と名場面。芥川隆行のナレーションと麻倉未稀が歌う「ヒーロー」によるオープニングのカタルシス。登場人物の魅力と俳優陣の名演、脚本と演出、音楽、全てが完璧なまでにミックスされた青春ドラマの金字塔、それが「スクール・ウォーズ」である。

【詳細】
http://kingmovies.jp/library/kixf-380_386

夏のホラー秘宝まつり2019 ~上映作品 第三弾『BEYOND BLOOD』~

夏のホラー秘宝まつり2019 ~上映作品 第三弾『BEYOND BLOOD』~

【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】ムーブメントを検証するドキュメンタリー映画『BEYOND BLOOD』が日本逆輸入公開!
『Beyond Blood』出演者4名 統合写真 ▼正式招待作品▼
★第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭
★第11回レイザー・リール映画祭 
★第26回ジェラルメ国際ファンタスティック映画祭

【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。2014年から、ホラー映画未開の地・キネカ大森にて映画祭「ホラー秘宝まつり」の開催がスタート、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として応援していただき、毎年動員が増え続けております。 そして、今年で6年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!2019年夏、6回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり2019』が開催いたします。 
今年も、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)、3都市で同時開催!
『VAMP』(監督:小中和哉)、『怪談新耳袋Gメン 孤島編』(監督:谷口恒平)に続き、この度、第三弾のラインアップが解禁となります! 

★アレクサンドル・アジャ、パスカル・ロジェ、ベアトリス・ダルなど、総勢22名にも及ぶ映画人・スタッフが総出演! 【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】ムーブメントを検証するドキュメンタリーが、ついに日本上陸!★監督はなんと日本人⁉世界のファンタスティック映画祭での反響を経て日本で逆輸入公開が決定!

9.11を発端に暗黒時代に突入した21世紀初頭、グラン・ギニョールの国にしてホラー不毛の地であるフランスで【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】ムーブメントが突如勃発しました! 『ハイ・テンション』(03)、『屋敷女』(07)、『フロンティア』(07)、『マーターズ』(08)といったウルトラ・ヴァイオレントな血みどろ映画群は、ホラーという一大ジャンルの地平線を新たに切り拓き、エクストリームに進化させました。
世界中のホラー・ファンを熱狂の渦に巻き込み、これらの作品の監督たちは皆ハリウッドに招かれることになりました。10年の時を経た今、当事者や識者の言葉からホラー史に大きな刻印を残したこの重大ムーブメントの意味と隠された秘密、その真実を多角的に検証。9/11という未曾有の大事件や封建的なフランス映画界への疑問、フランスのフェミニズム文化など社会問題にも切り込んだ多様性に富んだドキュメタリー映画が誕生しました!
監督は、東京とニューヨークを拠点に活動し、これまでに200人以上の国際的な映画監督や俳優たちにインタビューした経験を持つ映画評論家、小林真里。この度、監督自らが【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】ムーブメントを牽引する映画監督、スタッフへ殴り込みをかけ、直接インタビューを慣行、その魅力の真相に迫ります!
本作は、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭をはじめ、第11回レイザー・リール映画祭、第26回ジェラルメ国際ファンタスティック映画祭など、世界各地のファンタスティックス映画祭で正式招待され、そのユニークな視点からの多角的な検証ドキュメントが、世界のホラ―ファンを唸らせ話題となり、この度、日本での逆輸入公開が決定しました!
この作品を観れば、【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】ムーブメントの“最前線”が体験できること間違いなし!

★総勢22名にも及ぶ【ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー】の映画人・スタッフが総出演!!
出演者
アレクサンドル・アジャ(『ハイ・テンション』『ヒルズ・ハヴ・アイズ』監督)
アレクサンドル・バスティロ(『屋敷女』『リヴィッド』『レザーフェイス』監督)
ジュリアン・モーリー(『屋敷女』『リヴィッド』『レザーフェイス』監督)
パスカル・ロジェ(『マーターズ』『トールマン』『Ghostland』監督)
ザヴィエ・ジャン(『フロンティア』『ヒットマン』『コールド・スキン』監督)
ベアトリス・ダル(『屋敷女』主演)
アリソン・パラディ(『屋敷女』主演)
クロエ・クールー(『リヴィッド』主演)
オリヴィエ・アフォンソ(『リヴィッド』『レザーフェイス』特殊メイク)
ジャック・ケッチャム(ホラー作家:「隣の家の少女」「オフシーズン」ほか)
マイケル・ギンゴールド(ファンゴリア誌の元編集長&ベテラン映画評論家)
ジョー・ベゴス(『人間まがい』『マインズ・アイ』監督)
テッド・ゲイガン(『喰らう家』『Mohawk』監督)
ジョシュ・ジョンソン(『VHSテープを巻き戻せ!』監督)
フォスト・ファズロ(フランスのホラー誌「MAD MOVIES」編集長)
コラリー・ファジャー(フランスの新鋭。『REVENGE リベンジ』監督)
パコ・プラサ(『REC』『エクリプス』監督)
山口幸彦(『ミートボール・マシン』『血を吸う粘土』プロデューサー)
伊東美和(映画ジャーナリスト)
コリン・ゲデス(プロデューサー / 元トロント国際映画祭名物プログラマー)
アレクサンドラ・ウェスト(フレンチホラー本「Films of the New French Extremity」著者)
ピーター・クプロウスキー(トロント国際映画祭ミッドナイトマッドネス・現プログラマー)

小林真里監督:プロフィール
(Masato Kobayashi)
監督/プロデューサー/脚本家/映画評論家/翻訳家。
東京とニューヨークを拠点に活動。これまでに200人以上の国際的な映画監督や俳優たちにインタビューした経験を持つ。監督作に『Ramen Fever』(19)『Beyond Ramen』(20)がある。


★開催日も決定!
夏のホラー秘宝まつり、全国へ感染拡大!東京・名古屋・大阪で同時開催決定!
東京@キネカ大森:8月23日(金)~9月5日(木)
名古屋@シネマスコーレ:8月24日(土)~
大阪@シアターセブン:8月24日(土)~

★さらに、例年通りスペシャルな特典が満載!
①スタンプラリー実施、5本みたら1本無料。
②全作品をコンプしたらDVDプレゼント! 
③ホラー総選挙を実施、人気投票1位の作品を当てたらDVDプレゼント! 
④投票率の最も高いホラー映画を、映画祭最終日にシークレット上映 
⑤参加型イベントを多数開催!ゲストによるトークショー【ホラーしゃべれ場】など予定。

■映画祭タイトル「夏のホラー秘宝まつり2019」
■期間:2019年夏
■場所:キネカ大森 8月23日(金)~9月5日(木)
名古屋:シネマスコーレ 8月24日(土)~
大阪:シアターセブン 8月24日(土)~
■料金:新作1500円、旧作1100円
■公式サイト http://horror-hiho.com
■ツイッター @horror_hiho
■提供:キングレコード
配給・宣伝:ブラウニー

カルト映画の傑作 『まぼろしの市街戦』<4Kデジタル修復版> 初BD化決定!

カルト映画の傑作 『まぼろしの市街戦』<4Kデジタル修復版> 初BD化決定!

この度、フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督作品、『まぼろしの市街戦』が、昨年のまさかのリバイバル公開に続き、8月7日(水)に国内初のブルーレイ化とDVDの再発売が決定いたしました。
MAIN
サーカスの動物と精神科病院患者だけが闊歩する街で繰り広げられる、ファンタジックで詩的な反戦コメディ映画『まぼろしの市街戦』は映画史上に燦然と輝くカルト映画の歴史的傑作。巧みなストーリー展開と、類をみない卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写して反戦のメッセージを込めた、『カトマンズの男』『リオの男』等で知られる名匠フィリップ・ド・ブロカの代表作だ。素朴なイギリスの通信兵に『恋する女たち』『フィクサー』のアラン・ベイツ、可憐な娼婦コクリコには『愛のメモリー』のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが扮するほか、ジャン=クロード・ブリアリ、ピエール・ブラッスールらフランスの名優が脇を固める。音楽は、トリュフォーとのコンビで知られるジョルジュ・ドルリュー。1966年フランスでの初公開当時は批評的な成功はおさめつつも大きな話題とはならなかった本作だが、その後70年代にアメリカでベトナム戦争反対を訴える若者たちを中心に熱烈な支持を集め、実に5年間という途方もない超ロングランを記録した。常識が常識でなくなる不安を抱える現代(いま)こそ必見といえる映画史上に残る奇跡の一篇。この度発売となるのは海外で一コマずつ4Kスキャンにてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター。海外のブルーレイレビューサイト、blu-ray.comでは同じマスターを使ったアメリカ盤ブルーレイの本編映像は5点満点中5点、完璧という評価を獲得している。また今まで日本で発売されていたDVDは4:3のレターボックス仕様の映像であり、今回のリリースで初めて16:9で美しいシネマスコープサイズの映像を堪能できるようになる。さらに映像特典としてジュヌヴィエーヴ・ビジョルドの最新インタビュー、撮影のピエール・ロムの最新インタビューが日本初収録。約半世紀を経てなお世界中の映画ファンに愛され続けるこのカルト・クラシックの待望の発売。

【詳細】
Blu-ray:http://kingmovies.jp/library/kixf-626
DVD: http://kingmovies.jp/library/kibf-1646