NEWS

【情報解禁】「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX」11/18発売決定!

【情報解禁】「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX」11/18発売決定!

来年2016年に没後10年を迎える実相寺昭雄監督が、日本アート・シアター・ギルド(以下、ATG)に遺した、『無常』、『曼陀羅』、『哥(うた)』、『あさき夢みし』の4作品を、 撮影監督監修のテレシネによる最新のニューマスターで、「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX」として初ブルーレイ化、また単品DVDを再発売として、11/18(水)に発売することが決定しました。(発売・販売元:キングレコード)
70年代前半に制作された実相寺昭雄監督4作品を、撮影監督である、稲垣涌三氏(『無常』『曼陀羅』)と中堀正夫氏(『無常』『哥(うた)』『あさき夢みし』)立ち会いのもと、オリジナルネガから作成されたテレシネ専用ローコントラストプリントを使用して23.98Psfのフレームレートにてテレシネ作業を実施。実相寺ワールドを堪能できる超高画質デジタルニューマスターにて甦ります。

【商品情報】
■「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX 」(KIXF-90314~90317) 
収録タイトル: ①『無常[HDニューマスター版]』、②『曼陀羅[HDニューマスター版]』、③『哥(うた)[HDニューマスター版] 』、  ④『あさき夢みし[HDニューマスター版]』
収録時間:4作品合計 約 521 分(①:約146分/②:約135分/③:約120分/④約120分)  
■発売日:2015年11月18日(水) 
■価格:ブルーレイBOX ¥19,200+税/DVD各¥3,800+税
■特典:解説書封入 ※予定
■発売・販売元:キングレコード  
※単品ブルーレイの発売はございません。尚、DVDは単品のみの発売です。

詳細→ http://kingmovies.jp/box/kixf-90314_7

【情報解禁】『ターボキッド』公開&発売決定!!

【情報解禁】『ターボキッド』公開&発売決定!!

超80年代・BMX・ポストアポカリプス・血まみれヒーローアクション!!

この度、文明崩壊後の荒野で猛者たちがBMX で大暴走する危険な世界で、若者が巨悪と対決する話題の新作映画『ターボキッド』の緊急・限定・興奮のレイトショーが決定、またBD・DVD の発売も決定いたしました。

本作は、海外各映画祭で話題沸騰中、アメリカで8/28 の公開が決定している出来たてホヤホヤの新作。監督や出演者いわく、『レポマン』『BMX アドベンチャー』『ブレインデッド』『ネバーエンディングストーリー』『マッドマックス2』『グーニーズ』の要素をごちゃ混ぜにした、という強烈な80 年代感を纏ったSF アクション・ラブロマンス・ホラー。マッドマックス同様のアポカリプスな世界観にもかかわらずインターセプターやKAWASAKI のバイクではない20 インチBMX を完全武装の野蛮人たちが必死に漕いで荒野を疾駆するという悲惨かつ異様な光景、そして無意味なほどのおびただしい血の噴射量で低予算ながら映画ファンの心を鷲掴みにしている。スコープサイズのフレーミングの中、広大な荒野をエンジン音の無いチャリンコで繰り広げられる追跡劇はその絵面自体が物語に関係なく哀愁に満ちている。

また『スキャナーズ』(1981 年/デヴィッド・クローネンバーグ監督)の主人公や『トータル・リコール』(1990 年/ポール・バーホーベン監督)の敵役、同じくバーホーベンの『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997 年)などで圧倒的な存在感を放ちB 級から大作までをつとめる裏街道の首領ともいえるマイケル・アイアンサイドがまさかの出演で極悪ゼウスを演じており、この点においても本作が適当に制作された低予算の凡作ではないということがみてとれる。監督はROADKILL SUPERSTARS という名で数々の短編映像作品を生み出している集団の中心であるフランソワ・シマード、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセルの3 人。2012 年のホラーオムニバス『ABC・オブ・デス』に応募しながらも落選した短編『T is for Turbo』を『ホーボー・ウィズ・ショットガン』(2011)のジェイソン・アイズナー監督からの長編化の助言を受けて、『ABC・オブ・デス』のプロデューサー、アント・ティンプソンもプロジェクトに加わり、初の長編映画として完成させた。海外では2015 年サンダンス映画祭でのワールドプレミアに続き2015 年SXSW 映画祭にて最優秀観客賞受賞、ファンタスポア映画祭最優秀作品・審査員美術賞受賞、またつい先頃行われたブチョン国際ファンタスティック映画祭では最優秀監督賞を受賞し、その他の映画祭を猛烈な脚力で駆け抜けるBMX のごとく、まさに大暴走な活躍を見せている。

そんな、必ず観なければならない超面白低予算映画の本作ですが、遂に劇場上映がシネマート新宿とシネマート心斎橋にて10/3(土)~1週間限定レイトショーとして決定いたしました。また2016 年1/13(水)にはBD・DVD 発売、レンタルも開始となります。

(あらすじ)
核戦争で文明が崩壊した1997 年、水をめぐって争う猛者たちの巣食う荒涼とした野蛮地帯でキッドはBMX にまたがり、コミック「ターボライダー」を人生のバイブルとして一人でなんとか生きのびていた。そんなある日謎の少女アップルと出会い彼女に惹かれていくが、水を牛耳る極悪首領ゼウスによって彼女が誘拐された!キッドは彼女を取り戻すため、正義の鉄槌をゼウスに下すため、ターボライダースーツに身を包み、敵のアジトに乗り込むべくペダルを踏み込む―。

『ターボキッド』 (2015 年/カナダ映画/95 分/スコープサイズ/キングレコード提供/日本出版販売配給)

[STAFF]●監督・脚本:フランソワ・シマード、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセル●製作総指揮:シェイキッド・ベレンソン、ジ
ェイソン・アイズナー●製作:アント・ティンプソン●音楽・撮影:ジャン-フィリップ・バーニアー●編集:ルーク・ハイ

[CAST] マンロー・チェンバーズ、ローレンス・レボーフ、マイケル・アイアンサイド、エドウィン・ライト、アーロン・ジェフリー

■10/3(土)~10/9(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋にて暴走レイトショー!!名古屋シネマスコーレも今秋公開予定!

■2016 年1 月13 日(水)BD・DVD 発売&レンタル開始!!

【発売情報】鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈ら出演『ライアの祈り』11/11(水)ブルーレイ&DVD発売決定!

【発売情報】鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈ら出演『ライアの祈り』11/11(水)ブルーレイ&DVD発売決定!

人生に臆病になっていたひとりの女性が”人間本来の生き方”のエッセンスに満ちた”縄文時代”に触れ、自身の幸せのカタチを見出して一歩踏み出していく姿を描く、優しさ溢れる感動作『ライアの祈り』が、11/11(水)にブルーレイ&DVDとなって発売決定!

■公式サイト
http://raianoinori.com/

【発売情報】よしもとばなな原作『白河夜船』10/7(水)Blu-ray&DVD発売決定!

【発売情報】よしもとばなな原作『白河夜船』10/7(水)Blu-ray&DVD発売決定!

1989年に発表、よしもとばななによる、ぬけられない息苦しさを「夜」に投影し、生きて愛することのせつなさ、その歓びを描いた、代表作にして定本決定版の小説『白河夜船』が26年の時を経て奇跡の映画化され、いよいよブルーレイ&DVDが10/7発売決定!!


「こんなに完璧な映画化は奇跡的です。夢が叶い、感無量!」―――よしもとばなな

安藤サクラ・井浦 新・谷村美月 × 写真家 若木信吾 実力派俳優らの静謐な演技と、透明感あふれる映像。

■ブルーレイ
http://kingmovies.jp/library/kixf-279

■DVD
http://kingmovies.jp/library/kibf-1362

【上映&初BD&DVD化決定】オーストラリア映画の記念碑的暴走族映画『マッドストーン』

【上映&初BD&DVD化決定】オーストラリア映画の記念碑的暴走族映画『マッドストーン』

この度、オーストラリア映画の記念碑的暴走族映画、1974 年製作の『マッドストーン』の34 年ぶりの劇場上映と初の国内盤DVD・BD 化が決定いたしました。

本作は、メル・ギブソン主演の大ヒット作『マッドマックス』の原型であるオーストラリア映画で、本作が無かったら『マッドマックス』は生まれていないともいえる、オーストラリア映画の重要作。日本では1974 年の段階では輸入されず、1979 年の『マッドマックス』の大ヒットを受けて、原題は「STONE」にもかかわらずタイトルに「マッド」を冠して1981 年に公開されました。そして『マッドマックス』的興奮を期待して観に行った観客たちは唖然・騒然、まったく異なる内容に怒りをおぼえた人々も少なくないはず。しかし『マッドストーン』は70年代当時のオーストラリア暴走族のリアルな生態をとらえつつ、一味ちがったプロットで語られたサスペンス・スリラー。サイケな映像とロックンロール、日本製バイクの大挙登場とともに暴走族カルチャーをリアルな視点で切り取り、アメリカ産のいわゆる「バイカー映画」の系譜でも語られるべき作品です。



80 年代の劇場、もしくは「月曜ロードショー」などテレビの洋画劇場での鑑賞で「ええ!??」に感じてしまった方々も、今になって見返すと、実は非常に大人な映画であることを感じて頂けるかと。でも何かがおかしい、歪なアンダーグラウンド映画であることに変わりはなく、まさに唯一無二な作品となっております。その歴史的重要度はオーストラリアの“ジャンル映画”についてのドキュメンタリー、『マッドムービーズ~オーストラリア映画大暴走~』(08)にて『荒野の千鳥足』(71)『美しき冒険旅行』(71)『キラーカーズ/パリを食べた車』(74)などとともに綴られており、クエンティン・タランティーノは「バイカー映画史上最も典型的かつオーセンティックなエンディング」と評して自身のキャリアにおいても非常に重要な影響を与えている作品と発言、本作の上映用プリントも購入してアメリカで自ら上映を行うなどマッドストーンマニアな動きをみせています。



また『マッドマックス』との具体的な接点としては、『マッドマックス』で暴走族のリーダー“トーカッター”を演じたヒュー・キース=バーンが”ガマ蛙”、主人公マックスとカーチェイスを繰り広げた末に激突死する暴走族 “ナイトライダー”役のヴィンセント・ギルが”死神”、マックス所属のM.F.P.の隊長“マカフィー”役のロジャー・ウォードが”スケこまし”など計5 人が本作出演をきっかけに『マッドマックス』へ出演、しかも本作の暴走族”墓掘り軍団”の中にはバッドマックス=”極道”というキャラクターが存在するなど、単に豪州映画であるという点だけでは語れない関係性があります。ちなみに”ガマ蛙”役で映画デビューを果たしたヒュー・キース=バーンは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)のLA プレミアでも『マッドストーン』のデニムジャケット(実際に映画で着用したそのもの)を着て出席している。そんな日本ではある意味「不当な扱い」を受けた本作ですが、まさかの劇場上映がシネマート新宿にて9/26(土)~1 週間限定レイトショーとして決定。字幕は”墓掘り軍団””ガマ蛙””葬式屋””すかしっ屁”などの素晴らしいキャラ名が多数登場する「むかしの字幕」を採用。さらにDVD が普及して20 余年を経て10/14(水)に遂に初のDVD化、あり得ないBD化も決定。DVD・BD共通で、字幕とは若干異なる最高キャラ”葬儀屋””穴ほり””ウシミツ””お通夜”などが登場するテレビ放送版(「月曜ロードショー」版)吹替音声も収録されます。なお、BD は高画質のためのBD ではなく、大量の映像特典を収録した<墓掘りエディション>として発売。




■『マッドストーン』34 年ぶりの劇場上映!!
9/26(土)~10/2(金)シネマート新宿にてまさかのエクスプロージョン・レイトショー!!
オーストラリア映画界の裏街道・記念碑的重要作が何故かスクリーンに戻ってくる!
(キングレコード提供/日本出版販売配給)

■『マッドストーン』ブルーレイ&DVD 10/14(水)発売!!
・ブルーレイ:『マッドストーン』<墓掘りエディション>
http://kingmovies.jp/library/kixf-289

・DVD:『マッドストーン』
http://kingmovies.jp/library/kibf-1382

©1974 Sandy Harbutt. All Rights Reserved.

7/15(水)発売『チェリー2000』『ハードウェア』 待望のTV放送吹替 緊急収録決定!!

7/15(水)発売『チェリー2000』『ハードウェア』 待望のTV放送吹替 緊急収録決定!!

 7/15(水)に一挙発売しますポスト・マッドマックスな映画の初DVD・ブルーレイ作品より、『チェリー2000』(87)と『ハードウェア』(90)の2作品に、テレビ東京で放送されたTV放送吹替音声を、緊急収録することが決定しました!!(発売・販売元:キングレコード)

 さらに、『ハードウェア』は、TV放送吹替の他にも、 2009年の米国盤ブルーレイ発売の際に発売元のSEVERIN社が制作したイギー・ポップ出演のプロモ映像、そして今年フジロックにも初参戦となるモーターヘッドのレミー出演のプロモ映像が特典として緊急収録決定!イギーは劇中のアングリー・ボブ役をスタジオで喋りまくりで再現!そしてレミーも劇中のタクシー運転手と同じ役で車を運転!ラジオをつけてモーターヘッドの楽曲「Rock Out」をぶっぱなす!ただ未確認ながらレミーは免許を持っておらず、車の運転はできないはず。

■『チェリー2000』(1987年)
◎テレビ放映版日本語吹替音声/本編:約94分(吹替正味約91分)
1998年3月28日(月)テレビ東京「シネクラブ」版 (テレビ東京放映時邦題『ラブアンドロイド・チェリー』)
サム・トレッドウェル(デヴィッド・アンドリュース):宮本充
イーディス”E”ジョンスン(メラニー・グリフィス):山像かおり
チェリー2000(パメラ・ギドリー):岡本麻弥
Blu-ray:¥4,800+税(KIXF-276)/DVD:¥3,800+税(KIBF-1359)
http://kingmovies.jp/library/kixf-276

■『ハードウェア』(1990年)
◎テレビ放映版日本語吹替音声/本編:約93分(吹替正味約89分)
1994年9月8日(木)テレビ東京「木曜洋画劇場」版
モーゼス・バクスター( ディラン・マクダーモット):安原義人
ジル(ステイシー・トラヴィス):相沢恵子
リンカーン・ワインバーグ( ウィリアム・フットキンス):坂口芳貞
シェイズ( ジョン・リンチ):牛山茂

◎ 『ハードウェア』映像特典
イギー・ポップ プロモ映像(1分44秒)/レミー(Motorhead)プロモ映像(1分53秒)
Blu-ray:¥4,800+税(KIXF-275)/DVD:¥3,800+税(KIBF-1358)
http://kingmovies.jp/library/kixf-275

※「TV放送吹替」は、TV放送吹替を主に、吹替が存在しない部分は英語音声+字幕となります。

【情報解禁】『心霊写真部 劇場版』7/22(水)ブルーレイ&DVD発売決定!

【情報解禁】『心霊写真部 劇場版』7/22(水)ブルーレイ&DVD発売決定!

ニコニコ生放送で圧倒的人気を誇る伝説のホラー作品、待望の劇場から、
早くも7/22(水)ブルーレイ&DVD発売決定!

2010年にDVDが発売されたものの、売上が振るわず打ち切りになりながら、口コミで人気を集め、ニコニコ生放送のホラー映画企画では、「リング」「呪怨」「着信アリ」など約100作品を押さえて、ユーザーアンケートで1位の評価を獲得した「心霊写真部」。

その待望の新作が劇場用映画となって登場!主人公・佳夕には、「仮面ライダーウィザード」のヒロインで知られ、1月1日にアイドルグループ「PASSPO☆」を卒業した奧仲麻琴。本作が映画初主演となる。牧村部長は前作に続き、「特捜戦隊デカレンジャー」の伊藤陽佑。先輩のリリは、「トイレの花子さん 新劇場版」で主演・主題歌を担当した歌手で女優の上野優華。謎の少女・玲花には、「竜宮、暁のきみ」の谷内里早。他に、タレントでファッションモデルの工藤美桜、「へんげ」の森田亜紀らが彩りを添える。また、主題歌「ether」をロックバンド「摩天楼オペラ」が手がけ、同バンドのキーボーディスト、彩雨が音楽監修を務める。原作・脚本は「こわい童謡」、「渋谷怪談」シリーズの福谷修。監督は「骨壺」、「2ちゃんねるの呪い 劇場版」の永江二朗が続投する。

■商品情報
ブルーレイ
http://kingmovies.jp/library/kixf-278

DVD
http://kingmovies.jp/library/kibf-1361

【情報解禁】「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-3」9/16発売決定!

【情報解禁】「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-3」9/16発売決定!

この度、キングレコードでは、20世紀最大の巨匠と呼ばれるイングマール・ベルイマンの、’50~’70年の各年代より、伝説の作品群3作品『叫びとささやき』、『仮面/ペルソナ』、『魔術師』を、HDリマスターで初ブルーレイ化、「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-3」として、9/16(水)に発売することが決定しました。
(発売元:シネマクガフィン/販売元:キングレコード)

本商品は、昨年12/24に発売し、大変な好評を博した「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-1」(『第七の封印』(’57)、『野いちご』(’57)、『処女の泉』(’60)) 、 「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-2」( 『夏の遊び』(’51)、『夏の夜は三たび微笑む』(’55)、『冬の光』(’63))に続く、黄金期第3弾となります。

ベルイマンの作品は、シャープな映像感覚と文学的な象徴性、緻密なリハーサルを基にした演技の即興性を極限まで追求し、ウディ・アレン、スティーブン・スピルバーグ、スタンリー・キューブリックやトリュフォー、ゴダール等ヌーヴェルヴァーグの作家まで、映画史にその名を轟かす多くの監督たちに影響を与えています。
この度発売する3作品は、50年~70年の黄金期に作られた作品群のうち、各年代から伝説的な作品をコレクションしたものです。

商品情報:http://kingmovies.jp/box/kixf-90280_2

タルコフスキー『サクリファイス』『ストーカー』商品HP開設!!

タルコフスキー『サクリファイス』『ストーカー』商品HP開設!!

6/10発売の、アンドレイ・タルコフスキー監督作『サクリファイス』『ストーカー』の商品HPを開設しました!
2作品とも初BD化。
http://kingmovies.jp/tarkovsky/


【情報解禁】「続・死ぬまでにこれは観ろ!―キング洋画100連発―」全100タイトル8/5一挙発売

【情報解禁】「続・死ぬまでにこれは観ろ!―キング洋画100連発―」全100タイトル8/5一挙発売

昨夏大好評だった「死ぬまでにこれは観ろ!」企画をより一層パワーアップし、「続・死ぬまでにこれは観ろ!ーキング洋画100連発ー」と銘打ち、8/5(水)に一挙100タイトルを、お値打ち価格で再発売することが決定しました。(BD\2,500+税/DVD\1,900+税 |発売・販売元:キングレコード)

 「死ぬまでにこれは観ろ!」は、過去に発売した膨大な作品群の中から、死ぬまでに絶対観るべきとお薦めする、超面白映画を選びぬき、よりお求めやすい価格で、より多くの方に見ていただこうという趣旨で昨年実施したキャンペーンです。お陰様で大好評をいただき、今年も実施が決定。“やるからには、昨年以上を!”ということで、なんとタイトル数が50から100と倍増!!さらに、今回は、ブルーレイも初めて加わり、もはや、“これ以上は選べません!”と、スタッフ一同太鼓判をおすラインナップとなりました。(BD:30/DVD:70タイトル)

 ヒット作、話題作、カルト作が目白押しなのは昨年同様ですが、数が増えたことで、振れ幅は倍増!定番のアイテム、ロジャー・コーマン作品は勿論の事、トロマが贈る史上最悪の猛毒「悪魔の毒々モンスター」や、鬼才ジョン・ウォーターズ監督の「シリアル・ママ」というカルト傑作から、ジョン・カサヴェテス、アキ・カウリスマキ監督の名作群を堪能でき、アラン・テシネに、キアロスタミ、極めつけは、巨匠ベルトルッチ監督作まで、まさかのラインナップとなっております。死ぬまでにこんなにも観なければいけないのかというほどの過酷さではありますが、 権利期間によっては、死ぬ前に観れなくなる(買えなくなる)可能性のある作品もあり、やっぱり死ぬまでにとは言わず、今すぐ見るべき作品なのは間違いありません。

 また、こちらも大好評をいただいた企画、対象商品を3枚購入すると、希望賞品がもれなく1枚もらえるキャンペーンも期間限定(2015年8月5日~2015年12月31日)で実施します。

■ラインナップはこちらをチェック→ http://kingmovies.jp/selection/7562



今後、ホームページをアップ予定です!楽しみに!!