もらとりあむタマ子

廉価Blu-ray

もらとりあむタマ子


発売日
2016/08/03
品番
KIXF-4054
販売価格
¥2,500+ 税

2013年/日本映画/2013年日本公開

収録時間:本編約78分+映像特典約123分
仕様:カラー 1080p Hi-Def 16:9(ビスタサイズ) 2層
音声:①オリジナル日本語:ドルビーTrueHD(5.1Ch.)

■映像特典 もりだくさん!約123分!!
●メイキング『もらとりあむタマ子』ができるまでロングVer.(ナレーション:前田敦子)
●釜山映画祭同行記(①映画祭編/②食べ歩き編)
●前田敦子&山下監督オフィシャルインタビュー
●舞台挨拶集
●トークイベント集(山下監督×①鈴木慶一②伊東清矢(中学生・仁役))
●エムオン!ステーションID集(春夏秋冬 全Ver.)
●エムオン!ステーションIDメイキング
●TV-SPOT集
●予告編
●フォトギャラリー

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

監督:山下敦弘(『苦役列車』)
脚本:向井康介
主題歌:星野 源 『季節』(SPEEDSTAR RECORDS)
サウンドロゴ:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

CAST

坂井タマ子:前田敦子
坂井善次(父):康すおん
仁(中学生):伊東清矢
坂井啓介:鈴木慶一
坂井よし子:中村久美
曜子:富田靖子

「新・死ぬまでにこれは観ろ!」
        キング邦画80連発!



遂にここまできてしまった!!洋画から邦画へ―
常識破りの≪ALL邦画80タイトル一挙発売≫!
今年の「死ぬまでにこれは観ろ!」は、前人未到の領域に!!


★ATG、エロス、ゾンビ、アイドルから、日本映画を代表する傑作まで!60年代から2000年代までの半世紀にわたる名作、ヒット作、怪作、珍作、まさかの勢揃い!!
★「家族ゲーム」「青春の殺人者」「キサラギ」「さよなら渓谷」、そして「援助交際撲滅運動」「おいら女蛮」…。信じられないこの振れ幅!面白ければそれでいい!!
★果たして、死ぬまでにこんなにも観なければならないのだろうか…。


坂井タマ子 23才 大卒 無職
ただ今、実家に帰省(寄生)中




主演:前田敦子 × 監督:山下敦弘 × 主題歌:星野 源 
まさに最強のコラボレーション!!


【introduction】
★逆ギレが得意なぐうたら女子―― イメージを覆す、女優・前田敦子の新境地!
 タマ子、23歳。現在、無職。父がひとり暮らしをする実家で、家事を手伝うこともなく、就職活動をすることもなく、ただ食べて、寝て、マンガを読む生活を送っている。テレビを見れば「ダメだな、日本は」とか「クソ暑いのに野球なんてよくやるよ」とか悪態をつき、近所の中学生には「あの人、友だちいないから……」と同情される、逆ギレばかりのぐうたら娘。それでもなぜか愛おしいタマ子を、音楽、ドラマ、映画とさらに幅広い活躍を見せ、今年出演した『クロユリ団地』が国内映画ランキング初登場1位を記録した前田敦子が、かつてない多彩な表情で演じてみせた。“前田敦子史上もっともぐうたらな前田敦子”が姿を現す必見の一作。彼女の女優としての新境地から目が離せない!

★山下敦弘監督、6年ぶりのオリジナル作品。
 監督は『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』『マイ・バック・ページ』『苦役列車』などの作品が国内外で高く評価される山下敦弘。『苦役列車』に続く前田敦子との顔合わせで、等身大な彼女の魅力を存分に引き出すことに成功した。また、脚本を務めるのは山下と大学時代からコンビを組み、近年は映画『ふがいない僕は空を見た』『陽だまりの彼女』『クローズ EXPLODE』などで才気を発揮する向井康介。2007年公開の『松ヶ根乱射事件』以来、約6年ぶりとなる山下と向井のオリジナル映画ができあがった。

★MUSIC ON! TV(エムオン!)のステーションIDから生まれた映画。
 また、「タマ子」という女の子の日常のひとコマを、四季おりおりの季節感あふれる情景と共に映し出す、音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」のステーションIDから、この映画『もらとりあむタマ子』は生まれた。本作はアジア最大の映画祭である釜山国際映画祭A Window on Asian Cinema部門にも出品。30秒のステーションIDから生まれた映画作品が国際映画祭に出品されるという異例の展開を見せることになった。

★星野 源による主題歌「季節」が絶妙にマッチ! 
 そして、主題歌「季節」を提供するのは、3rdアルバム『Stranger』が大ヒット、映画『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』で好演を見せた星野 源。誰かと過ごした季節の記憶を歌う美しい楽曲が、くすっと笑えて思わずほろっとする本作のエンディングをやさしく締めくくってくれる。主演・前田敦子、監督・山下敦弘、主題歌・星野 源という最強のコラボレーションがここに実現した。




【story】
東京の大学を卒業したものの、父がスポーツ用品店を営む甲府の実家に戻ってきて、無気力な日々を送るタマ子、23歳。現在、無職。 父がひとり暮らしをする実家で、家事を手伝うこともなく、就職活動をすることもなく、ただ食べて、寝て、マンガを読む生活を送っている。 テレビを見れば「ダメだな、日本は」とか「クソ暑いのに野球なんてよくやるよ」とか悪態をつき、近所の中学生には「あの人、友だちいないから……」と同情される、逆ギレばかりのぐうたら娘。 「就職活動してるのか?」という父の言葉に「その時が来たら動く。少なくとも今ではない!」と威勢がいいのか悪いのかわからない啖呵を切るが、秋から冬、そして春から夏へと季節が移りゆく中、タマ子の気持ちにも少しずつ変化が現れていく。 履歴書を書き、就職への意欲を少しだけのぞかせるようになるタマ子。 そんな矢先、父に再婚話が持ち上がり、彼女の心は激しく揺れる――。 口を開けばいつも言い合いばかりしている父と娘。 でも本心では、父は奔放な娘を愛しく思い、娘は不器用な父を思いやっている。 モラトリアムな毎日を過ごすタマ子が、ゆっくりと新しい1歩を踏み出す四季の物語は、観る人をあたたかく穏やかな気持ちで包んでくれる。