スカイラインGT-R ドキュメンタリー

DVD

スカイラインGT-R ドキュメンタリー


発売日
2013/10/09
品番
KIBF-1191
販売価格
¥3,800+ 税

●収録時間:本編約120分+映像特典
●仕様:カラー 16:9LB ビスタサイズ 片面2層
●音声:①オリジナル日本語(ドルビーデジタルSTEREO)


■DVD、BD共通映像特典
●緊急特報 ●スカイラインミュージアムイベント映像 ●『記録への挑戦』SPEED TRIAL NISSAN R380(1967年作品)●『富士マスターズ250キロ』(1971年作品)●『挑戦をうけて!』(1971年作品)●『挑戦をうけて!』(1971年作品)●『スカイラインGT-R in ニュルブルクリンク』(1989年作品)●櫻井眞一郎氏インタビュー「SKYLINEをかく語る」(2010.9.30撮影)→スカイラインの父、櫻井氏最後のインタビュー!!

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

●ナレーション:塩野潤ニ
●監督:関矢研一
●プロデューサー:福崎隆司
●脚本:酒井俊和
●音楽:サリー久保田

CAST

●櫻井眞一郎
●伊藤修令
●渡邉衡三
●砂子義一
●長谷見昌弘
●星野一義
●久保田洋史
●木村敏郎
●青木輝久
●細越高敏
●福崎隆司

覇者の神話-
類まれなる心臓を持ったGT-R、
その前人未到の軌跡を追った。




あの関矢研一監督がGT-Rに挑む!
PGC10からBNR34まで、33年におよぶ栄光の歴史


【introduction】
日本を代表する名車、日産スカイラインの3代目(通称ハコスカ)の最上級車種として1969年に登場以来、国内最高の走行性能を誇るクルマとして君臨し続けたスカイラインGT-R。生産終了となった2002年までの33年間、その他の追随を許さない圧倒的性能は、まさに日本人が求めた覇者の神話ともいえる“速さ”と“強さ”を誇った。ファミリーカーとして存在する基準車をベースに製作されているがゆえに、海外の高級スーパースポーツカーへの憧れとは少し違った、憧れではあるけれどとても身近な存在でもあるという、絶妙な立ち位置にあったクルマ。身近なファミリーカーであるにもかかわらず海外のスポーツカーにも対抗し得る性能を備えていた、車という概念を超えて日本人の心に深く刻まれた存在。本作はそのGT-Rの歴史を開発者、レースドライバーのインタビュー、貴重なアーカイヴ映像の数々、スチールなどを交えて描く。