ターボキッド

廉価Blu-ray

ターボキッド


発売日
2017/07/05
品番
KIXF-4106
販売価格
¥2,500+ 税

2015年/カナダ=ニュージーランド合作映/2015年10月日本公開
原題:TURBO KID

収録時間:本編約93分+映像特典
仕様:カラー 1080p Hi-Def 片面1層
音声:①オリジナル英語 DTS-HD Master Audio(5.1ch)
字幕:①日本語

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

●監督・脚本:フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセル
●製作総指揮:シェイキッド・ベレンソン『ネバダ・バイオレンス』『キル・オール!! 殺し屋頂上決戦』『MEGA SPIDER メガ・スパイダー』、ジェイソン・アイズナー『ホーボー・ウィズ・ショットガン』『ABC・オブ・デス』『V/H/S ネクストレベル』、パトリック・エウォルド『悪魔の椅子』『グリズリー2010』
●製作:アント・ティンプソン『ABC・オブ・デス』
●音楽・撮影:ジャン-フィリップ・バーニアー
●編集:ルーク・ハイ

CAST

キッド・・・・・・・マンロー・チェンバーズ 『Degrassi(TV)』シリーズ
アップル・・・・・ロランス・ルブーフ 『レーサー/光と影』
ゼウス・・・・・・・マイケル・アイアンサイド 『スキャナーズ』『トータル・リコール』
スケルトロン・・・エドウィン・ライト 『アンダーワールド:ビギンズ』
フレデリック・・・アーロン・ジェフリー 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

「死ぬまでにこれは観ろ!2017」 
キング洋画200連発!
お求め安い価格で再発売!!



超80年代・BMX大暴走・ポストアポカリプス・
血まみれ・ボーイミーツガール・スーパーヒーローアクション!!




海外で話題沸騰!遂に登場した、最高の面白懐かし新作映画!近年最大の掘り出し物か!?


【introduction】
世界中の映画祭を猛烈な勢いで駆け抜け、その強烈な80年代臭、シンセバリバリの音楽、暴走BMX、血まみれ、世界の終り感、そして紅一点ロランス・ルブーフ演じる”アップル”のキュートさで話題沸騰、”チャリンコ版マッドマックス”や”『キック・アス』×『マッドマックス』”などと評される、アメリカで8/28に公開されたばかりの出来たてホヤホヤのSF・ボーイミーツガール・流血・ゴア・ヒーロー・アクション映画!監督や出演者いわく、『レポマン』『BMXアドベンチャー』『ブレインデッド』『ネバーエンディングストーリー』『マッドマックス2』『グーニーズ』の要素をごちゃ混ぜにした、という本作の野蛮とファンタジーの絶妙な融合具合は観る者の心に懐かしさや恐ろしさや高揚感が入り混じった不思議な感覚を植え付け、低予算ながら映画ファンの心を鷲掴みにしている。そしてマッドマックス同様のポストアポカリプスな世界観にもかかわらずインターセプターやKAWASAKIのバイクではない20インチBMX自転車を完全武装の野蛮人たちが必死にこいで荒野を疾駆するという悲惨かつ異様な光景は、その絵面自体が物語に関係なく哀愁に満ち溢れている。また『スキャナーズ』(1981年/デヴィッド・クローネンバーグ監督)の主人公や『トータル・リコール』(1990年/ポール・バーホーベン監督)の敵役、同じくバーホーベンの『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997年)などで圧倒的な存在感を放ちB級から大作までをつとめる裏街道の首領ともいえるマイケル・アイアンサイドがまさかの出演で極悪の首領ゼウスを演じており、この点においても本作が適当に制作された低予算の凡作ではないということがみてとれる。監督はROADKILL SUPERSTARSという名で数々の短編映像作品を生み出している集団の中心であるフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセルの3人。2012年のホラーオムニバス『ABC・オブ・デス』に応募しながらも落選した短編『T is for Turbo』を『ホーボー・ウィズ・ショットガン』(2011)のジェイソン・アイズナー監督からの長編化の助言を受けて、『ABC・オブ・デス』のプロデューサー、アント・ティンプソンもプロジェクトに加わり、初の長編映画として完成させた。海外では2015年サンダンス映画祭でのワールドプレミアに続き2015年SXSW映画祭にて最優秀観客賞受賞、ファンタスポア映画祭最優秀作品・審査員美術賞受賞、またつい先頃行われたブチョン国際ファンタスティック映画祭では最優秀監督賞を受賞し、その他の映画祭を猛烈な脚力で駆け抜けるBMXのごとく、まさに大暴走な活躍を見せている。

≪海外映画祭を大暴走!まだ走っている!!≫
★2015年サンダンス映画祭正式出品
★2015年SXSW映画祭・最優秀観客賞受賞
★2015年ファンタスポア映画祭最優秀作品・審査員美術賞受賞
★2015年ブチョン国際ファンタスティック映画祭・最優秀監督賞受賞
★2015年ファンタジア映画祭・最優秀カナダ映画受賞
★2015年ヌーシャテル国際ファンタジー映画祭・最優秀作品賞ノミネート

2015年ダラス国際映画祭・2015年オランダイマジン映画祭・2015年リトルロック映画祭・2015年シアトル国際映画祭・2015年シドニー映画祭・2015年エジンバラ国際映画祭・2015年ニュージーランド国際映画祭・2015年メルボルン国際映画祭・2015年Film4フライトフェスト・2015年ポルトガルMOTELx映画祭
・2015年ヘルシンキ国際映画祭 正式出品

≪すごい!!海外メディアから絶賛の嵐!!≫
●そのインスピレーションの数々をけっして汚すことのない、まさにピッチパーフェクトなオマージュ!過去における未来への、血まみれBMXライド!-THE HOLLYWOOD REPORTER
●過去10年間でこんな作品はなかった!-SLASH FILM
●おお神よ!この映画は血まみれで残酷で素晴らしい!-HOUSE OF GEEKERY
●ゴア満載、素晴らしい殺し、溢れんばかりのセンチメンタル、そしてマイケル・アイアンサイドほど悪役が似合う役者がいないことの証明、『ターボキッド』は血まみれなノスタルジーに満ちたタイムカプセルだ。-EXAMINER.COM
●初っ端から完全に引き込まれた。この作品は近いうちに熱狂的な支持者たちを生み出すだろう。-CINEMA CRAZED
●驚くほどの甘酸っぱさと血の噴水の中、『ターボキッド』は一貫して高エネルギーと大きな笑いを提供する。ファンタスティック映画ファンやミッドナイト映画好きに大きくアピールするだろう。-VARIETY
●ロランス・ルブーフは最高で、アイアンサイドは明らかに楽しんでいる。レトロなプロダクションデザインは非の打ちどころがない。-NOW TORONTO

【story】
核戦争で文明が崩壊、あらゆるものが汚染された1997年、水をめぐって争う猛者たちの巣食う荒涼とした野蛮地帯でキッドはBMXにまたがり、コミック「ターボライダー」を人生のバイブルとして一人でなんとか生きのびていた。そんなある日謎の少女アップルと出会い彼女に惹かれていくが、水を牛耳る極悪首領ゼウスによって彼女が誘拐された!キッドは彼女を取り戻すため、正義の鉄槌をゼウスに下すため、ターボライダースーツに身を包み、敵のアジトに乗り込むべくペダルを踏み込む―。