ナインハーフ

廉価Blu-ray

ナインハーフ


発売日
2015/08/05
品番
KIXF-4019
販売価格
¥2,500+ 税

1986年/アメリカ映画/1986年日本公開
原題:9 1/2 Weeks

●収録時間:本編約118分+映像特典約3分
●仕様:カラー 1080p Hi-Def(16:9ヴィスタ ※一部映像特典を除く) 1層
●音声:①オリジナル英語(ドルビーTrueHD/5.1ch) ②日本語吹替(ドルビーTrueHD/モノラル)
●字幕:日本語、吹替用日本語

□映像特典:オリジナル予告編
□音声特典: TV放送版日本語吹替音声(※1988年1月18日テレビ朝日系列にて放送)
↑ 一部吹替音声がない部分はオリジナル音源(字幕スーパー付き)となります。

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

監督:エイドリアン・ライン
製作総指揮:キース・バリッシュ、フランク・コーニグスバーグ
製作:アンソニー・ルーファス・アイザック、ザルマン・キング
原作:エリザベス・マクニール
脚本:パトリシア・ノップ、ザルマン・キング
撮影:ピーター・ビジウ
音楽:ジャック・ニッチェ

字幕翻訳:戸田奈津子

CAST

ミッキー・ローク (声:安原義人)
キム・ベイシンガー (声:小山茉美)
マーガレット・ホイットン(声:弥永和子)
ドワイト・ワイスト(声:池田 勝)
ロン・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)

「続・死ぬまでにこれは観ろ!」 
     キング洋画100連発!


―恋に溺れて、カラダで語って、
   愛を追い求めた9週間半(ナインハーフ)。


伝説となった、あの氷を使った愛撫。
衝撃の官能プレイの数々が、いまよみがえる!!


 


【introduction】
『フラッシュダンス』でスーパーヒットを放ったエイドリアン・ライン監督の描く、情熱的かつ過激な、エロティック・ラブ・ストーリー。主人公の女性がふとしたことで出会ったある一人の男から、様々なエロティックな行為を受けることによって、彼女の内側に潜む潜在的な欲求を開花させていくまでを、文字通り9週間半に渡って追ってゆく。目隠しをして彼女の体に氷を這わせる愛撫、四つんばいにさせて彼のもとまで歩かせる、娼婦を交えてのプレイ等、官能的な性行為が話題となり、また流行ともなった。エイドリアン・ライン監督独持の、天然光を効果的に採り入れた陰影豊かな映像が美しく、ヒットチューンの数々と共に、映画をスタイリッシュな傑作に仕立て上げている。

【story】
NYの画廊に勤めるエリザベス(キム・ベイシンガー)はバツイチのキャリアウーマン。 ある日、チャイナタウンに行った際、身なりもよくハンサムな男ジョン(ミッキー・ローク)に声をかけられ、謎めいた魅力と不思議な予感に胸をときめかせる。 しかし、初めてのデートの日に川べりの静かな家に連れ込まれ、家に入るや否や、ベッドメイクを始めるジョンに不安を感じたエリザベスは、その場を去った。 ある日、ジョンからの花束が届いた。 忘れられずにいたエリザベスはジョンと再会し、2人の関係が始まった。 ジョンはエリザベスに目かくしし、彼女の身体に氷を使って愛撫する。 かつてない程のめくるめく快感と悦楽の虜となったエリザベスは、ジョンの言いなりになった。 自分の素性について多くは語らなかったジョンだが、濃密な関係を続けるうちに彼の昼間の姿も見たくなったエリザベスは、彼を追跡し、ウォール街にあるジョンのオフィスを訪れる。 そこにはホワイトシャツにダークスーツを身につけたジョンの有能な金融ブローカーの姿があった。 そして、ジョンのサディスティックな要求はさらにエスカレートしていった。 土砂降りのなか屋外での、男装、犬のように床をはいつくばらせたり、娼婦を交えたプレイをするように…。 一方、エリザベスもジョンの要求を悦んで受け入れることで新たな自分を見つけてゆくのだが…。

【本編を彩る官能のスーパーヒットチューンの数々!!】
♪ジョン・テイラー / I Do What I Do…
♪Luba / The Best Is Yet To Come (恋するほどに美しく)
♪ブライアン・フェリー / Slave To Love
♪Dalbello / Black On Black
♪コリー・ハート / Eurasian Eyes
♪ジョー・コッカー / You Can Leave Your Hat On (黄昏の孤独)
♪ディーヴォ / Bread And Butter
♪ユーリズミックス / This City Never Sleeps
♪スチュワート・コープランド / Cannes
♪Luba / Let It Go (3:40)