ビースト・ストーカー/証人

廉価DVD

ビースト・ストーカー/証人


発売日
2017/07/05
品番
KIBF-4325
販売価格
¥1,900+ 税

2008年/韓国映画/2012年日本公開

●収録時間:本編約109分+映像特典約67分
●仕様:カラー 16:9LB(ヴィスタ) 片面2層
●音声:
①オリジナル広東語(ドルビーデジタル/5.1chサラウンド)
②日本語吹替(ドルビーデジタル/ステレオ)
●字幕:
①日本語
②吹替用日本語

■映像特典:
①メイキング
②ビハインド・ザ・シーンズ
③未公開シーン集
④オリジナル予告編
⑤日本版予告編

■音声特典:日本語吹替音声(ニコラス・ツェー役=浪川大輔)、咲谷俊介、小林さやか 他








この作品のその他の商品はこちら

STAFF

監督・脚本:ダンテ・ラム(林超賢/Dante Lam)
アクション指導:トン・ワイ(スティーブン・トン・ワイ)
カーアクション指導:ブルース・ロウ
撮影:チェン・マンポー、ツェー・チュントー
音楽:ヘンリー・ライ

CAST

刑事トン・フェイ:ニコラス・ツェー(声:浪川大輔)
暗殺者ホン:ニック・チョン(声:咲野俊介)
検事コー・アン:チャン・ジンチュー (声:小林さやか)
刑事サン:リウ・カイチー(声:坂本くんぺい)

「死ぬまでにこれは観ろ!2017」 
キング洋画200連発!
お求め安い価格で再発売!!




高濃度クライム・サスペンスの極北にして
金字塔が誕生!!
香港ノワール史上屈指の
“終幕”を目撃せよ!!




贖罪ゆえの正義 VS 愛に裏打ちされた殺意。
そのとき、軋んだ運命の歯車が、動き出した―


【introduction】
現在、そして未来の香港映画界を背負って立つダンテ・ラム監督、ニコラス・ツェー、ニック・チョンの三人による、古くは『男たちの挽歌』から『インファナル・アフェア』を経て『エグザイル/絆』ほかジョニー・トー作品群へと連なる、“香港ノワール”の金字塔的傑作が本作『ビースト・ストーカー/証人』である。
激烈なカーチェイス&クラッシュ、甘さゼロの生々しくも執拗なヴァイオレント・バトルが展開されるなか、人物それぞれの抱える複雑な事情や背景、心理とそのせめぎ合いを丁寧に描き、重層的に絡ませながら、衝撃的でありながらも、それ以上に感動的ですらある終幕へと至る、見事な活劇構造を達成。まさにアクションの沸点とドラマの融点の奇跡的な共存と言える、傑作が誕生した。
なお、ダンテ・ラム監督は、レオン・ライ、リッチー・レン主演の『コンシェンス/裏切りの炎』が公開中、そしてニコラス・ツェー、ジェイ・チョウを主演に迎え、全編海外ロケで撮り上げたアクション超大作『逆戦/The Viral Factor(原題)』も公開待機中。間違いなくジョニー・トーの次に香港映画を背負って立つ監督になるだろう。
そんなダンテ・ラム監督の最高傑作との誉れ高い、香港ノワールの漆黒の歴史に燦然と輝く。

【awards】
★第59回ベルリン国際映画祭(フォーラム部門)正式出品作品
★第28回香港電影金像奨 最優秀主演男優賞 受賞(ニック・チョン)/最優秀助演男優賞 受賞(リウ・カイチー)
★第15回香港電影評論学会大賞 最優秀男優賞 受賞(ニック・チョン) ★第12回中国金鳳凰奨 女優賞(ミャオ・プー)
★第46回台湾金馬奨 最優秀主演男優賞 受賞(ニック・チョン)
★プチョン国際ファンタスティック映画祭2009 主演男優賞(ニック・チョン)/監督賞(ダンテ・ラム)

【story】
刑事トン(ニコラス・ツェー)は、武装した重犯罪者を激しいカーチェイスの末に追い詰めた。逃走する犯罪者の車に銃弾を撃ち込み身柄を確保したトンだが、車のトランクには少女の遺体が…。トンの撃ち込んだ銃弾が、中に閉じ込められていた少女の命を奪っていたのだ。犯人たちは事件を担当する女性検事アン(チャン・ジンチュー)の車を逃走に使い、少女はアンの娘だった。この事故で、トンは心に大きな十字架を背負う…。事故の3ヵ月後、アンのもう一人の娘リンがトンの眼の前で、何者かに誘拐される。犯人は元ボクシング選手のホン(ニック・チョン)。彼は、病気の妻の高額な治療費のために、凄腕の暗殺者として犯罪に手を染めていた。そのうえ失明の危機にあった。そんな彼が犯罪組織に依頼された仕事が、アンのもう一人の娘リンの誘拐だった。組織の目的は、リンの命と引き換えに、裁判で組織に不利となる証拠の隠滅だった。トンは、責任を感じると同時に3ヵ月前の事故の記憶に苛まれながらも、何かに取り憑かれたかのように執拗にホンを追う。一方、ホンもトン、そしてアンに復讐しなければならない、別の理由に突き動かされていたのだった。トン、アン、ホン、それぞれ苦悩とトラウマを抱えた3人の運命が複雑に絡み合い、怒涛のクライマックスへと雪崩れ込む。その先に待つのは、哀しくも美しい、数奇と言うには、あまりに残酷な運命…。戦慄と感嘆、そして涙を禁じえない、衝撃の終幕。