キューティー&ボクサー

廉価DVD

キューティー&ボクサー


発売日
2017/07/05
品番
KIBF-4300
販売価格
¥1,900+ 税

2013年/アメリカ映画/2013年日本公開
原題:CUTIE AND THE BOXER

収録時間:本編約82分
仕様:カラー 16:9LB ビスタサイズ 片面1層
音声:①オリジナル英語(ドルビーデジタル5.1ch)
字幕:①日本語

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

●監督・撮影・製作:ザッカリー・ハイザーリング
●プロデューサー:リディア・ディーン・ピルチャー、パトリック・バーンズ、シエラ・ペテンジル
●製作総指揮:キキ三宅
●編集:デヴィッド・ティーグ
●音楽:清水靖晃

CAST

●篠原有司男
●篠原乃り子
●篠原アレクサンダー空海
●富井玲子
●アレクサンドラ・モンロー
●山谷周平
●イーサン・コーエン

「死ぬまでにこれは観ろ!2017」 
キング洋画200連発!
お求め安い価格で再発売!!



【第86回アカデミー賞・長編ドキュメンタリー部門ノミネート】
【2013年サンザンス映画祭 最優秀監督賞受賞】




“日本で初めてモヒカン刈りにした男”現代芸術家・篠原有司男
VS 21歳年下の妻・乃り子、ニューヨーク在住40年
ふたりの愛と闘いを記録した、珠玉のドキュメンタリー


【introduction】
80歳の有司男は、自身がつくりだした絵画と彫刻を旺盛に探求しつづけている。近年ますます、自分の作品を確立させ、売れるチャンスをつかもうと、制作活動に励む毎日だ。一方、59歳の乃り子は、妻であり、母であり、ときにアシスタントであることに甘んじていた。しかし、息子も成長した今、ついに自分を表現する方法を見つけた。それは、夫婦のカオスに満ちた40年の歴史を、自分の分身であるヒロイン”キューティー”に託してドローイングで綴ること。女性のパワーが奔放に、生き生きと爆発したかのようなドローイングからなる”キューティー”シリーズは、有司男とのこれまでの生活を、感覚的に、ユーモラスに描き出す。そしてそれは、現実の有司男への対抗勢力となるファンタジーでもある。かくして、夫婦による二人展が企画され、映画は彼らの創作の現場と日常を追う。



【story】
ふたりが暮らすのは、ニューヨーク、ブルックリン。篠原有司男は、1960年に日本で結成された芸術集団「ネオダダイズム・オルガナイザーズ」の中心的メンバーで、ジャンク・アート、パフォーマンス、のちに「ボクシング・ペインティング」で有名となり、1969年、さらなる活躍の場を求めて渡米する。その3年後。妻・乃り子は19歳のとき、美術を学びにやってきたニューヨークでギュウチャンと出会い、恋に落ち、結婚。学業の道を捨て、裕福な家族からの仕送りは打ち切られた。