いま、殺りにゆきます

廉価DVD

いま、殺りにゆきます


発売日
2016/08/03
品番
KIBF-4196
販売価格
¥1,900+ 税

2012年/日本映画/2012年日本公開

●収録時間:本編86分+映像特典
●仕様:カラー 16:9LB 片面2層
●音声:①日本語ドルビーデジタルステレオ ②オーディオコメンタリー:ドルビーデジタルステレオ

■映像特典:
・劇場予告編
・メイキング
・舞台挨拶映像
・千葉誠冶監督、平山夢明(原作者)によるオーディオコメンタリー

この作品のその他の商品はこちら

STAFF

監督・脚本・編集:千葉誠治
原作:平山夢明「いま、殺りにゆきますRE-DUX」(光文社刊)
特殊メイク・造形デザイナー:百武朋
撮影:植松亮、芹沢亮

CAST

森田涼花
桃瀬美咲(「古代少女隊ドグーンⅤ」)
肘井美佳
菅野麻由
大友さゆり
戸谷公人

「新・死ぬまでにこれは観ろ!」
        キング邦画80連発!


遂にここまできてしまった!!洋画から邦画へ―
常識破りの≪ALL邦画80タイトル一挙発売≫!
今年の「死ぬまでにこれは観ろ!」は、前人未到の領域に!!


★ATG、エロス、ゾンビ、アイドルから、日本映画を代表する傑作まで!60年代から2000年代までの半世紀にわたる名作、ヒット作、怪作、珍作、まさかの勢揃い!!
★「家族ゲーム」「青春の殺人者」「キサラギ」「さよなら渓谷」、そして「援助交際撲滅運動」「おいら女蛮」…。信じられないこの振れ幅!面白ければそれでいい!!
★果たして、死ぬまでにこんなにも観なければならないのだろうか…。


美少女破壊 
原作:平山夢明(大藪春彦賞受賞作家)×
監督:千葉誠治(『AVN』ハリウッドリメイク決定)
鬼畜コラボが実現!!



美少女破壊 森田涼花・桃瀬美咲・肘井美佳・菅野麻由・大友さゆり が破壊される!!

【introduction】
狂っているのはこの映画なのか!?それとも、現実なのか!?
2011年に「ダイナー」で大藪春彦賞を受賞したホラー作家・平山夢明が、実際にあった恐怖体験を集めて作り上げた人気実話ホラー集シリーズ「いま、殺りにゆきます」が遂に映画化!全5話のオムニバスとなる本作を監督したのは、前作『AVN/エイリアンVSニンジャ』のハリウッド・リメイクが決定した千葉誠治。話題を集めるこのクリエーターは、ひょんなことから日常の闇に足を踏み入れた少女たちの姿を生々しく活写している。そして、主演は森田涼花、桃瀬美咲、肘井美佳、菅野麻由、大友さゆりという、今をときめく女優陣。実話をベースにした本作で、リアルに怯える彼女たちの姿は必見だ。未曾有の恐怖が引き起こす”美少女破壊”を見逃すな!!

【story】
「わたしのししゅう」
高2の奈緒(森田涼花)は、帰途途中に路上でホームレス(信國輝彦)から詩集を買う。翌日、彼女は恋人・悟(戸谷公人)が警戒を呼び掛けるのも聞かずに詩集の素晴らしさをホームレスに伝える。すると、ホームレスは日を追うごとに奈緒の家に近付いてきて・・・・。

「おまけ」
古本屋でお目当ての絵画集を手に入れ、上機嫌で恋人・智幾(池田絢亮)に電話する織恵(桃瀬美咲)は、本の入った段ボールの底に一枚のDVDを見つける。好奇心からそれを観ることにする彼女。何も映ってないかと思いきや、そこには身の毛もよだつ映像が記録されていた。

「やあ、カタオカ!」
出社途中に突然、見知らぬ男(廣瀬裕一郎)から呼び止められた智恵(肘井美佳)。異様なテンションで彼女が小学校時代になくした筆箱の話をまくしたてる男はどうやら智恵の小学校時代の級友・オオトモらしい。男はその筆箱を見つけたと彼女に告げる。

「さよなら、お~える」
便意を催して自転車を走らせる夏美(菅野麻由)は、ようやく見つけた公衆トイレに駆け入る。そこで雨宿りをする不思議な女子高生(大坪あきほ)に、「そこのトイレ危ないよ」と言われる彼女だったが、便意を我慢できずその警告を無視してしまう。

「いま、殺りにゆきます」
帰宅途中、何者かに頭上からTVを投げ付けられ、命を狙われていると怯える美鈴(大友さゆり)。何とか自宅に帰り着いた彼女の携帯に、非通知で電話がかかってくる。恐る恐る出ると、「もう、殺りにゆきます」という不気味な男の声がして・・・。