不思議惑星キン・ザ・ザ

DVD

不思議惑星キン・ザ・ザ ≪デジタル・リマスター版≫


発売日
2017/02/15
品番
KIBF-1462
販売価格
¥3,800+ 税

1986年/ソ連/1989年・2001年・2016年公開
英題:KIN-DZA-DZA

収録時間:本編約133分+映像特典
仕様:カラー 16:9(スタンダードサイズ) 片面2層
音声:①グルジア語+ロシア語(ドルビーデジタル/MONO)
字幕:日本語

映像特典:オリジナル劇場予告編(日本語字幕付)

STAFF

●監督:ゲオルギー・ダネリヤ
●脚本:レヴァス・ガブリアゼ+ゲオルギー・ダネリヤ
●撮影:バーヴェル・レヴェシェフ
●美術:アレクサンドル・サムレキン・テオドル・テジク
●音楽:ギア・カンチェリ
●製作:モスフィルム・スタジオ

CAST

スタニスラフ・リュブジン
エヴゲーニー・レオン
ユーリー・ヤコヴルフ
レヴァン・ガブリアゼ 

地球よ、おまえは遠かった。
ファンが愛してやまない変な映画がよみがえった!クー!!
ソ連では1570万人を動員!『2001年宇宙の旅』も唖然の超SF巨編!




【introduction】
本作は、思いがけず“空間移動装置”のボタンを押してしまい、キン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクにワープしてしまった地球人2人が“クー”としか言わない汚い異星人たちに騙されながらも地球に帰還を試みる姿を描く、史上空前の脱力SF超大作です。監督は名実ともにロシアを代表するゲオルキー・ダネリア。75年作品『AFONYA』は6,220万人の観客動員を記録し、もはや意味不明な領域に達してしまったロシア映画界の巨人です。そして音楽は世界的作曲家のギア・カンチェリが担当、史上最も気の抜けたサントラを作りだしてしまっています。旧ソ連時代当時の社会や、資本主義世界に対する皮肉や風刺などが他に類をみない途方もなくゆるい脱力空間とともに展開され、『2001年宇宙の旅』(68年/スタンリー・キューブリック監督)、『惑星ソラリス』(72年/アンドレイ・タルコフスキー監督)、『未来世紀ブラジル』(85年/テリー・ギリアム監督)などの名だたるSF作品群と比較されるほどの人気を誇りつつ、実はこの世に類似作が見当たらないというまさにクーな作品です。

【story】
妻に頼まれ夕飯の買出しに町に出た建築技師マシコフ。そこに「あの人がヘンなことを言っています」と学生ゲテバンが助けを求めてきた。浮浪者のような男は、自分は他の惑星から来た者で、自分の星に帰りたいとふたりに話す。そんな話なんか信じないマシコフは、男が持っていた“空間移動装置”のボタンを押してします。と、次の瞬間、ふたりは砂漠のど真ん中に。そこは地球ではなくキン・ザ・ザ星雲にある惑星プリュクだった・・・。