草刈民代 最後の“ジゼル”

DVD

草刈民代 最後の“ジゼル”


発売日
2013/04/24
品番
KIBF-1179
販売価格
¥4,500+ 税

2012年/日本映画/2012年日本公開

●収録時間:本編109分+映像特典
●仕様:カラー/MPEG-2 16:9LB 片面2層
●音声:①リニアPCM(ステレオ) ②ドルビーデジタル(5.1ch) ③ドルビーデジタル(ステレオ)草刈民代&周防正行監督によるオーディオ・コメンタリー

■映像特典:劇場公開初日舞台挨拶ダイジェスト
■音声特典:草刈民代、周防正行監督によるオーディオ・コメンタリー(音声解説)
■封入特典:解説ブックレット(フルカラー12p/内容…作品解説、出演者解説、スタッフ解説、用語解説 /執筆者:結城美穂子)

STAFF

監督:周防正行(「Shall We ダンス?」「それでもボクはやってない」「終の信託」)
作曲:アドルフ・アダン
台本:ジュール=アンリ・ヴェルノア・ド・サン=ジョルジュ、テオフィル・ゴーチェ、ジャン・コラーリ
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ
改訂演出:ニキータ・ドルグーシン
美術:ヴャチェスラフ・オクネフ
指揮:カレン・ドゥルガリヤン
管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団
収録:2009年1月31日 神奈川県民ホール
製作:スオズ

CAST

草刈民代(「Shall We ダンス?」「終の信託」)
ミハイル・シヴァコフ
オクサーナ・シェスタコワ
ロマン・ベトゥホフ
レニングラード国立バレエ団

草刈民代、クラシックバレエ最後の公演を、
夫でもある映画監督・周防正行が見事に映像化!
≪草刈民代、周防正行監督による
オーディオ・コメンタリー(音声解説)を収録!≫




【introduction】
万感の思いがこもった感動のカーテンコール、鳴り止まない喝采。日本を代表するプリマ・バレリーナで、現在では女優として活躍する草刈民代の、クラシックバレエ最後の全幕公演となった「ジゼル」。2009年1月、名門レニングラード国立バレエとの共演で行われたその舞台を夫であり映画監督の周防正行が映像化。バレリーナ草刈民代の繊細で優美な表現が、余すところなく捉えられている。

【「ジゼル」とは?】
フランスの作曲家アドルフ・アダン作曲による、「ラ・シルフィード」「白鳥の湖」とともに、
「三大バレエ・ブラン(Ballet Blanc:白のバレエ)」のひとつに数えられる、ロマンティックバレエの代表作。ドイツ人の詩人ハイネによって紹介されたオーストリア地方の伝説に着想を得て作られた。

【草刈民代】
草刈民代 Tamiyo Kusakari
小林紀子バレエアカデミーを経て、橘バレエ学校に学ぶ。牧阿佐美バレエ団に入団し18歳で主役デビューを果たす。古典バレエの主役から創作バレエまで幅広いレパートリーを持ち、繊細な表現と芯の強さを併せ持った、日本を代表するプリマ・バレリーナとして、海外バレエ団での現地公演にも多数主演。数々の賞を受賞した。1996年、『Shall we ダンス?』(周防正行監督)に出演し、第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ多くの賞を受賞。映画女優としても認められる。2009年4月、「Esprit~エスプリ~ローラン・プティの世界」公演を最後にバレリーナを引退。古典バレエの全幕公演としては、本作に収められた「ジゼル」公演が最後となった。以降「ヘンリー六世」(2010年、蜷川幸雄演出)、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(2011年)など女優として活躍の幅を広げ、『ダンシング・チャップリン』(2011年)、『終の信託』(2012年)と、再び周防正行監督作品に主演し、高い評価を得ている。

【周防正行】
周防正行(映画監督) Masayuki Suo
1956年、東京生まれ。立教大学文学部仏文科卒。在学中に高橋伴明監督の助監督となり、若松孝二監督、井筒和幸監督らの助監督を経験する。1989年、本木雅弘主演『ファンシイダンス』で一般映画監督デビュー。再び本木雅弘と組んだ『シコふんじゃった。』では、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほかその年の数々の賞を受賞した。映画製作プロダクション・アルタミラピクチャーズの設立に参加し、『Shall we ダンス?』を監督する。 この作品は日本中に社交ダンスブームを巻き起こし、第20回日本アカデミー賞13部門独占受賞という快挙を果たした。 また世界中での公開に引き続き、2005年には、リチャード・ギア主演のリメイク版も公開され、国内に留まらず、海外でも注目されるようになる。2007年、10年間の沈黙を破って『それでもボクはやってない』が公開され、各映画賞を総なめにした。2011年にはバレエ映画『ダンシング・チャップリン』、2012年は終末医療の問題を扱った『終の信託』と、草刈民代を主演に迎えた話題作の公開が続いている。